SPR工法
SPR工法とは
老朽化した管渠を効率よく、経済的にリニューアルする最先端の管渠更生工法です。既設管渠内に、高質塩化ビニール製のプロファイルを製管。既設管と更生管のすきまに特殊裏込め剤を充填することで、複合管として一体化した強固な更生管を構築します。製管工法は、既設管の口径によって元押し式と自走式の2種類があります。
image
老朽管の内側をスパイラル状に包んで再生。
image
>
image
通水しながら施工が可能。
>
image
管のズレ、ヒビ割れも内側から包み込みます。
更生管の特長
耐食性に優れている
材質は下水道用の塩ビ管と同じであるため、耐食性に優れ、酸、アルカリ、硫化水素等に侵されません。
強固な複合管として更生
更生管は、裏込め材がリブの間に食い込む独自構造でアンカー効果を発揮し、更生管・裏込め材・既設管を一体化した強度のある複合管として更生されます。
水密性に優れている
更生管は独自のリブ形状と二重ロック構造により、水密性に優れており、侵入水を遮断します。
耐震性に優れている
更生管は継手がない一体管路となり、管軸方向は、地震時の変位をプロファイル嵌合部において吸収することができます。また、鉛直断面の耐荷力アップにより、管きょは破損せず、流下機能を確保できます。
優れた流下性能
更生管の粗度係数は、0.010以下のため、コンクリート製の管きょより1サイズダウンしても流量はほとんど変わらず、流れのよい管きょが再生できます。
SITEMAP