ホーム > 土木・管工事事業トップ > SPR工法 > SPR工法施工フロー
SPR工法(施工フロー)
施工フロー
photo photo photo
【1】施工前
【2】製管機、搬入、組立
【3】製管(マンホール内)
事前処理工が必要かどうかを調べ、更生管の管径を決定するための事前調査をします。
機器の搬入、組立を行います。製管に先立ち、既設管内の洗浄を行います。
地上からプロファイルに製管機を送り込み、管合を確認後、製管していきます。
photo photo photo
【4】製管(地上)
【5】製管(既設管内)
【6】プロファイル融着
工事現場はコンパクトで、住民生活に配慮しています。
自走式製管では、製管機がガイドフレームに沿って前に進みながら製管していきます。
photo photo  
【7】裏込め材注入
【8】施工後
既設管と更生管のすきまに裏込め剤を注入。パイプ及びエア抜きパイプ取り付け後、完全に注入します。
取付管口を削孔し、接続します。
施工上の特長
道路を掘り起こすことなく施工できる
通水しながら施工が可能
自走式なら長距離施工・曲線施工にも対応
機材は全てマンホールから管路内に入れるため、道路を掘り起こすことなく、施工できます。
下水を流しながら施工が可能なため、本管内の仮排水は不要です。
image
image image
管路施設の耐震化が可能
製管途中でも作業の中断が可能
非開削のため土砂などの廃棄物の発生がありません
避難施設と処理場間の管きょや国道など重要道路下、軌道下などの管きょ施設の耐震対策として最適です。
急な集中豪雨時などでも作業を中断することができます。また、プロファイルの接続により作業を再開できます。
image
image image
製管方法
元押式
既設管
φ250~φ1,500適用
プロファイルを既設マンホールから製管機に供給。マンホール内に設置した製管機のかん合ローラーが回転しながら、既設管内に製管していきます。
image
自走式
既設管
φ900~φ5,000適用
プロファイルを既設マンホールから製管機に供給。製管機は既設管内でかん合ローラーを回転させながら移動し、製管していきます。
image
SITEMAP